Home > Research & Consulting Concept > What to deliver
ROA Consultingの通信市場を考察する視点はメディアデバイスとほかのメディアデバイスの間に生じるインタラクションから始まり、デバイスとユーザー、ユーザーとコンテンツ、デバイスとデバイスの間に生じるインタラクションに移行する様子を観察することにあります。ROA Consultingはデバイス、ユーザー、コンテンツ、サービスの4つのキーワードを軸とするコンサルティング方法論に基づいてDUC & I Modelを構築し、顧客に提案しています。 ROA Consultingは独自のDUC& I Modelに基づいて具体的なリサーチ&コンサルティング領域を作り、顧客の戦略的なニーズに合わせた知的資産を増やしています。HWプラットフォーム、SW & Middlewareプラットフォーム、コンテンツ&サービスはROA Consultingのコア・コンピタンスともいえる領域です。